PROFILE/PARTNER

小山

L.Y.JAPAN株式会社
代表取締役

小山 奈美
Nami Koyama

第一章(~2017年LAKSHMIYOGA)「自分」という唯一無二の存在に出会う
少しのきっかけになりたい

1975年生まれ。札幌で生まれ育ち、社会人生活では出版社の営業を経て、ホテルの法人営業→フロント→コンシェルジュというお客様へのサービス提供を第一とする業界で経験を積み、接客のプロとしてのスキルを磨きました。そして、結婚と離婚を経て、ヨガインストラクターになりました。

結婚前を第一の人生とするならば、ヨガインストラクターになってからの私は第二の人生です。
第二の人生としてヨガインストラクターにはなったものの、私のレッスンではヨガのアサナ(ポーズ)はあまりしません。
そのため、ヨガなのかピラティスなのか筋トレなのか・・・受講生の方々も人に説明する時に困るとおっしゃいます。笑
私自身、教室などで提供している内容に沿う名称を何年も見つけられず、苦し紛れに’ヨガエクササイズ’などという・・・ヨガを深めていらっしゃる方からすると邪道であろうネーミングをつけて提供していました。

’ヨガ’というものはもともとポーズをとることではなく、ダイエット法でも治療でも流行りのものでもありません。
とは言え私自身、ヨガを習い始めた当初は「ヨガはいろんな難しいポーズをとること、身体を柔らかくすること」という印象でした。人それぞれの解釈があると思いますが、今の私が思う’ヨガ’とは「自分を知り、自分の人生を歩くこと」いわば哲学です。

私は、ヨガがきっかけで自分自身の身体や生きることに向き合いはじめ、ピラティス・クラシックバレエ・筋力トレーニング・ダンス・心理学など学びへの興味は広がりました。これらを通して、苦手とするものや好きなこと・思わず行動してしまう事柄や反対に足が重くなる事柄、違和感を持つことなど、自分の知らなかった「自分」をいくつも見ることができました。
そのおかげで「自分」のことがわかりやすくなったと感じています。
自分のことがわかりやすくなると、自分の目標も見えやすくなりました。
自分の目標が見えてくると日々の取り組みや心の持ち方、モノの見え方に変化が出てきました。
その感覚は以前よりずっと息がしやすい=生きやすい、と感じています。

私はたまたまヨガがきっかけで自分自身と生き方に強く興味を持ちましたが、人によっていつ何がきっかけになるかわかりません。

価値観も感覚も情報や他者から感じるものではなく、自分自身の目で見て経験して感じること、肌・神経・呼吸・心の感覚が解放的になれることが全てのはじまりだと思っています。

私にとってヨガがきっかけになったように、私のレッスンや講座を通して一人でも多くの方の「健やか」と「自分」という唯一無二の存在に出会う少しのきっかけになれれば、この上なく幸せであり、私の人生の目的です。

第二章(2018年~L.Y.JAPAN株式会社設立)
「自分」を生きることへの選択と決断、そしてたくさんの奇跡に触れる人生へ

2011年から個人事業として活動を始めたわけですが、初めから決めていたことが一つありました。
「自分のやり方を模索し追求する」ということです。
これはレッスン内容というよりは「活動の仕方」に対してであり、手探りで考え、行動し、問題点を見つけ工夫し改善をする、そして待つ・・これらを繰り返す中で、気づけばたくさんのご縁をいただき、経験と実績を積み上げてきました。

そんな日々を重ねる中、私はどういうわけか同業のインストラクターの方々から活動の仕方に関わる相談を受けることが多く、そのほとんどが同じような悩みや不安、疑問だということを知りました。
相談の機会がどんどん増え、いつしかレッスン提供にかける以上に時間を費やすようになりました。

現在、この日本にも数えきれないほどの健康法や資格制度があり、そのどれもが考案された方々の想いと研究があってのものだと思います。 次々と増えるインストラクター資格をいくつも取得し、万全を期して美や健康に関わる仕事を始めようとする方をよく目にします。しかしながら、時間とお金と労力をかけて取得したにも関わらず、実際にそれらを仕事として成り立たせることに苦戦しているインストラクターが後を絶ちません。その原因は様々なものに感じていましたが、根本的には同じようなパターンだということがたくさんの声を聞く中で見えてきました。
抽象的な表現ではありますが、私はこういった現状から、健康を伝える側(インストラクター側)へのサポートの必要性を感じ、精力的に活動するために法人化することを決意しました。

本来の自分を追及し最大限に生かせる「心に体力のある」健康的なインストラクターが増え、健康を伝える側も受ける側も安心して取り組める環境を作ることがL.Y.JAPAN株式会社を発足した一つの大きな目的です。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

保有資格

  • 米国NLP協会認定プラクティショナー
  • 手のひらセルフケア協会認定
    指ヨガインストラクター
  • 日本コアコンディショニング協会
    ベーシックインストラクター
  • 日本ダイエット健康協会認定
    プロフェッショナルアドバイザー
  • 水野ヨガ学院指導者養成コース修了

所属チーム

PARTNER

  • アベニールフィット&セラピー 代表
    鈴木 弘之
    ・パーソナルトレーナー
    ・1994年、2014年 北海道
     ボディビル選手権 準優勝
    ・L.Y.式exercise 監修
  • 蕾yoga主宰/ヨガインストラクター
    後藤 裕子
    東京近郊のヨガレッスン担当
    ・沖ヨガ認定講師
    ・BCY Institute Japan
     乳がんヨガ指導者養成終了
  • L.Y.式exercise/指ヨガ teacher
    向井 美緒
    幼少期よりモダンダンス、クラシックバレエを習い、ダンス留学経験有。柔軟性向上から筋力トレーニングまで幅広く指導。
  • ヨガインストラクター
    井上あや
    札幌市内近郊ヨガレッスン担当
    ・指ヨガ
    ・ストレッチポール/ひめトレ
    ・マタニティ・産後ヨガ
    ・いろは体操(シニア向け)
  • メディカルニュートリションカウンセラー/看護師
    神野恵子
    札幌市内クリニックにて分子整合栄養学による栄養療法に携わっている。


  • コミュニケーション・アテンダント
    市之宮直子
    フォトライター/英語通訳アテンダント/写真・文章・通訳アテンドを通じ、”コミュニケーション”にかかわるサポートをおこなう。